片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォト575rm1503『 満天星の宙白鳥の舞いにけり 』

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





フォト575rm1503『 満天星の宙白鳥の舞いにけり 』





★ 筑紫風575交心rm1503

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 満天星の宙白鳥の舞いにけり

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――






★★★ 筑紫風575交心rm1503『 満天星の宙白鳥の舞いにけり 』 へどうぞ!!! ★★★
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

スポンサーサイト
『 うす紅葉まだ羞じらいのうぶな彩 』良寛さんの旅日記rm1103

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 良寛さんの旅 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575『 うす紅葉まだ羞じらいのうぶな彩 』rm1003






★ 良寛さんの旅日記rm1003

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


うす紅葉まだ羞じらいのうぶな彩

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





 研人さん、

 東京と大阪以外では木枯らしという言葉は使わないそうですけれど、強い北風で、冬を感じさせる風を、木枯らし一号と、それぞれによんでもいいのでしょうけれどね・・・



 木枯らしの湧きあがらする命力   仁


 悲喜も苦楽も湧力の素



 雨も風も、天地のパワーは、この星に生きるもの全てに分かたれる恵みでしょう。けれど現実は、都会に住む人々や富裕層と呼ばれる人たちに、自然の恵みは占有されてしまっています。今じゃ、言葉まで、都会や富裕層に支配されてしまっているようです。
 右向け右の世界は恐いですね。

 研人さんは歌謡曲もお好きですか。もはや芸の閾なのでしょうね。
 ぼくは無芸で、歌謡曲も歌えないし、クラッシックも聞きわけできません。
 57の調べもよく味わえないんです。美は乱調にあり、とばかり、言葉あそびだけに耽っていますので、きっと、目で書いているのでしょうね・・・
 ぼくの575を、研人さんに「耳で読んで楽しんでいる」と聞いて、びっくり、びっくりです。自分の書いたものも声に出して読んだことないので、恥ずかしくなりました。
 やっぱり、美は諧調にあり、なんでしょうね。

 良寛さんは、万葉集を丹念に読んで、朗詠して、万葉調を体得していたようです。そんな丹念さのないぼくには、やはり、良寛さんを真似ることもできるはずありませんね。
 ふと、良寛さんの何を真似ようとしているのか、わからなくなりました。
 それでも、575言葉あそびが止められないし、真似良寛さんをあそびつづける愚仁がいます。救いがたい!
 ひょっとすると、この救いがたさを、面白がっているのかもしれない、・・・という言葉あそびの迷路を彷徨っているのでしょうか・・・


 今日は雨になるので、九博の鳥獣戯画展の鑑賞者も少ないだろうと、観に行って来ましたが、思いはみな同じ、一時間半の立ち並び待ちでした。中に入っても、並んで、押されながら、歩き見するばかりです。立ち止まって、ゆっくり楽しむ余裕もありません。鳥獣戯画の展示室から明恵上人の展示室へ移行すると、もう、鳥獣戯画の展示室への逆行は「禁止」になっています。見張りの眼が光っています。
 阿修羅展の時はもっと多かったのですけれど、もっと自由に動き回れました。

 この集客力は何なのだろう、とただただ唖然となっていますが、自分もその動かされる人間の中の一人なんですね・・・
 真似あそびで惚けてしまっているぼくには、本物を見ることと、写しを見ることの違いがないことに気がつきました。「本物」の値打ちがわからない人間なんだということを、あらためて認識しました。


 それでも、言葉あそびが止められない。





 「死にとうない」逝くときも真似枯蟷螂   仁


 この身捨てても遺るものなし



 うす紅葉まだ羞じらいのうぶな彩   仁


 老は隠さず初心忘れず




 以上、
★★★ 良寛さんの旅日記rm0803『 欲りごころ旅も読書も金木犀 』 への交心です。 ★★★
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 良寛歌1014zm25『 山里の寂しさなくばことさらに来ませる君になにをあへまし 』sm25 へどうぞ!!! ★★★






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

.




     きよしゆきわれらの昭和はおわりけり    仁





.
『 寒の月後生を語る友に逢う 』筑紫風575交心rz2405
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575rz2405『 寒の月後生を語る友に逢う 』






★ 筑紫風交心rz2405

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


寒の月後生を語る友に逢う

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





 はじめまして、青柳仁といいます。
 マハーサマーディ研究会を昔読んで関心を持っていたのですが、しばらく遠離っていて、『理想的な死』を昨日書棚から取り出した所です。


 そしてこのBLOGに巡り逢いました。


 読み合わせて、理解させてもらいたく思い、「転載」させてもらいました。
 これからもいろいろ教えてもらいます。
 よろしくお願いします。



 寒の月後生を語る友に逢う   仁


 友在れば吾遍く在りぬ





☆☆☆ マハーサマーディ研究zdw22『 「医」をこえる 』 への交心です。 ★★★
 





 >  矢山クリニックの『難病・癌でもあきらめない」という小冊子があり、患者さんの声を読むと、そういう方が現実にいらっしゃるんですね。「病気になって良かった」と言う人がいるんです。
 「病気になったおかげでこんな気づきが得られた。今までの人生観が全く変わった」という声です。

 これを実存的変容という言い方をしております。このことばは本来ユング心理学からきておりますが、それまで自分だと思っていた非常に強い枠を壊していくということです。枠というのは、社会的制約、家族からの制約、あるいは思い込みなどで、それらの枠から外に出るのが実存的変容です。   。。。『 「医」をこえる 』



 <実存的変容>・・・
 むずかしいけれど、面白い言葉ですね。


 ぼくにも似たような経験があるんです。
 死にそこなって、生き存えて、そしてリタイアした年にはじめて病に出会って、「病気になったおかげで、命のことを色々感じはじめてきた」と歓んだのでした。



★★★ 『 今宵より癌とも遊ぶ虫の声 』 へどうぞ!!! ★★★




 そして、また、生き儲けしたぼくは、言葉あそびを楽しんできて、エンドレス・ラブあそびイメトレに夢中になり、<実存の交わり>とか<魂の光合成>とか使って親しんできた言葉に、<実存的変容>が、近く感じられて、面白いのです。

 <魂の光合成>というのは実存の縛りのまんまで、命の本体、命の心が遊離して、異時空飛翔するという幻想でした。命の心=魂は不生不滅、不垢不浄、不増不減で、異時空にステージアップした命でした。一休さんが無漏路と詠んだ時空です。



 > 有漏路より無漏路に帰る一休み雨降らば降れ風吹かば吹け   一休



 一休さんは瀬田大橋で入水自殺未遂を起こした後、もう一度自殺しようとします。一休さんの実存的変容の方便だったのでしょうね・・・一休さんも呪縛の今生を離脱して、後生をあそんだのでしょう。そしてもう一度今生に戻り、後生で生きた観自在な生を、この今生で生き貫くのです。それが晩年の森女さんとの恋弥勒道でした。
 一休さんの魂も森女さんの魂も、今生で弥勒さんになって、つまりは弥勒さんの魂と光合して、恋弥勒道を生きたのでした。一休さんのエンドレス・ラブです。
 <妙適清浄句是菩薩位>です。
 山折哲雄さんは、この一休さんの実存的変容を<隠れ往生>と呼んだのでしょうか・・・



 明日観れば今喜ばん雪に月   仁


 今苦しくも悦びとなる





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 平和の砦sk0602『 年の暮れ今を忍んで春を待つ 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 言葉あそび575交心sp2904『 エンドレスラブを与命に吾亦紅 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

『 春の雪秘すれば花か情燃ゆ 』言葉あそび575交心rz1901

★。・。・゜♪゜・。・。★ 言葉あそび575交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575rz1901『 春の雪秘すれば花か情燃ゆ 』






★ 言葉あそび575交心rz1901

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――


 春の雪秘すれば花か情燃ゆ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





 ぼく自身はオープン人生を目ざしてきたので、隠し事はほとんどない。少し秘め事じみたことは、やはり、日記に書き留めることはしていない。
 謎に秘めて、言葉あそびで、ぼくだけに分かる暗号文を楽しんだこともあるけれど・・・あそび心を楽しめば、秘め事は、言葉遊びの醍醐味なのかもしれない。


 裏を見せ表を見せて散る紅葉   良寛


 わたしには隠し事は何一つないよ。貞心尼さん、あなたにもあるがまんまのわたしでおつき合いさせてもらったよ。あなたに巡り逢えてよかった。あなただけにしか見えなかったわたしもあるけれど、それがわたしのあるがままなんだよ・・・あるがまんまのわたしを受け容れてくれてありがとう・・・
 あなたもあるがままのあなたを生きるといいね。



 貞心尼さんだけが知っている良寛さんがいるのでしょうね・・・
 良寛さんの歌を作品として遺してくれた貞心尼さんの『 蓮の露 』には謎解きとしてあるがままの良寛さんが秘められているのかもしれません・・・



 春の雪秘すれば花か情燃ゆ   仁


 友と語らい友を生きたる





☆☆☆ 朝日新聞rz19『 書き続けた日記、残す?捨てる? 「年記」に移行の策も 』 へどうぞ!!! ☆☆☆
 






★。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★

瘋癲老仁妄詩zcs2001『 宇宙のど真ん中で見つけたよ、愛 』sp27

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 瘋癲老仁妄詩 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




paiko999utuuno1b0m1.jpg






★ 瘋癲老仁妄詩zcs2001sp27宇宙のど真ん中で見つけたよ、愛

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





宇宙のど真ん中で見つけたよ、愛


筑後川にも耳納の山にも愛呼がいたよ


今朝の風が愛呼の形して吹いてきたよ


鴉の群れの中白が一つ愛呼だった


そしてもう愛呼は細胞の中にいる


声を出せば声が愛呼の形して現れる


風に揺れ稲の穂先に愛呼が光る


水田を渡る風が愛呼となって頬を撫でる





――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





 一行詩を詩うコミュに参加して、
 ちょっとおもしろくなって、
 また、ひとり遊びの世界に没入していきました。

 愛呼の世界を詩う時空を『 瘋癲老仁妄詩 』としてトピを立てます。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ TAO575交心st2209『 魅せられて空の花咲け蛍の夜 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ 瘋癲老仁妄詩23ー03『 虹の環の真下へ行くと走り去る 』★  へどうぞ!!! ♪♪♪




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


フォト575『 魅せられて空の花咲け蛍の夜 』st2209

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ あそび心575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






taost2209miseraretekuno1g.jpg





★ あそび心575交心st2209

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

魅せられて空の花咲け蛍の夜

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






★★★ あそび心575交心st2209『 魅せられて空の花咲け蛍の夜 』 へどうぞ!!! ★★★






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

『 七夕の一会の和み星となれ 』優游575交心ss0708

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 優游575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 優游575交心ss0708

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

七夕の一会の和み星となれ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――







 空呼さん、
 よく事情は飲み込めませんが、なにか、ぼくがあなたと交心することであなたに不都合が起こるようだったら、ぼくは何か申し訳ないことをしてしまいました。
 人の心の襞や空気を読むことになれていませんので、わがままなお喋りを一方的にしてしまいます。ほんとうに、ごめんなさい。



 ぼくは今までずっと大人の世界とおつき合いする能力がなくて、最近になって、ネット交心する中で、やっと、すこしつながり愛を確かめることができるようになったくらいです。ぼくは青年とばかりつき合って、それも裸の心でぶっつかりあうような青臭いものでしたので、本音を見せてくれない大人の世界はついにおつき合いすることもないと思っていたのですけれど、真似良寛さんの愛語、愛語で、どんな人とでもつき合っていけるようになろうとし始めたのでした。
 元々良寛さんも世間という大人の世界に馴染めない少青年でした。だから仕事で処刑現場に立ち会わされた時から、家出計画が始まったのだろうと想います。家出して、師匠さんに出会って出家し、なお遊行して家も持たず、それでも、愛語の人になりました。
 愛語の人の良寛さんの中にも、インナーチャイルドとして、少年栄蔵が棲みついていました。良寛さんの一生は、ひょっとすると、インナーチャイルドの栄蔵少年を生き抜いた半生だったのかもしれません。


 良寛さんみたいに遊行して孤独を生き抜いてきた苦労人ではありませんので、どんなに真似良寛さんを生きようとしても、愛語を生きる人にはなれないものです。
 それでも、人と交わっていないと、真似良寛さんも生きることができなくなってしまうと、ネットを通して、交心してもらうことにしています。



 空呼さんからは、寛容の心で、本当によく交心してもらって、ちょっと、ぼくも喜びすぎて調子に乗りすぎたのでしょうね。そのことが☆青空☆さんの身に風波を立てさせるような不都合を惹き起こしていることに思い至ることもできませんでした。
 ほんとうにごめんなさい。


 なにかほとぼりが冷めるまで、ぼくは交心しない方がいいようですね。
 短いおつき合いでしたけれど、愛語について、いっぱいいっぱい考えさせられ、愛語を生きる道筋も観えるようになりそうでしたけれど、しばらく、間を置いてみることにした方が好いようですね。

 どうぞ、遠慮なさらないで、ぼくのことは知らないことにしてください。
 ぼくも足跡残さないようにします。



 まるで七夕さんのようなお話しですけれど、あんまりあそびすぎて天帝よりあそぶなという罰をもらったようです。
 当然の罰なのかもしれません。



 空呼さんが、その罰も解けたとお考えになったら、そしてもしそのときまだぼくのことも覚えていらっしゃったたら、菩薩心で、どうぞ鄙の庵をお尋ねください。
 余命のことは、カミさんにも分からないことのようですけれど、カミさんといいしょにいて、カミさんの力も借りないで、念じて念じて、愛語愛語、あと10年は生き存えようと念っています。



 良寛歌0464 人の世は憂しと思へどたなばたの如何なることの契りをかする



 七夕の一会の和み星となれ   旅仁


 人の思いはそれぞれあれど



 本当にありがとうございました。
 ゆっくり寛いでください。
 また会える日まで。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 優游575交心ss2708『 ピカドンを招き入るゝな遠花火 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ めぐり逢い良寛さんzs0401『 熟れてゆく蕃茄撫で撫でごてづくり 』ss03 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 夏の雲まだ少年時の色にをる 』ドリーム楽土交心st1603

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ ドリーム楽土交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


夏の雲まだ少年時の色にをる




にほんブログ村 ポエムブログ





★ ドリーム楽土交心st1603

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

夏の雲まだ少年時の色にをる

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――






 花呼さん、おはようございます。


 連れ合いさん、命を惜しんで、禁煙できますように。



 仁は、黄ピース60本のヘビーでした。
 死にながらも黄ピー放さないよ、といっていたんですけれどね、
 60の時、血を吐きました。
 ちょうど、あと十年は生きたいなぁと思いはじめた時でしたので、
 きっぱり禁煙しました。


 「意志の人」だから吸い続けるといっていましたけれど、
 「意志の人」だから、きっぱり止めることもできるんです。



 仕事中意識が朦朧となる時がありましたけれど、あんな時、脳梗塞になるのでしょうね。
 仕事中、ひょっこりプッチン。
 あの世へ行けたらいいと思っていましたから・・・



 19才以降は生きもうけでしたから、いつ逝ってもよかったんです。でも、天は活かしてくれたんですね。今は、天に、やっと、感謝。
 あと、十年、お願いします、と変わりました。





 変わったから、すぐ逝くかもしれませんね。
 それは、もう、任天真、
 いつでもいいのですけれど、
 無茶はしなくなりました。



 生きもうけの楽しみ覚えましたから、
 一日、一日が、Happyです。





 命が、Happyなんですね。
 命がHappyだから、
 もう、煙草要らないんです。
 もう、夢も、要らないんです。
 もう、愛も、要らないんです。


 けれど、夢は楽しいですね。
 だから、夢を見ます。
 けれど、愛は温かいですね。
 だから、愛します。


 夢見もうけです。
 愛しもうけです。



 何にもなくても、
 命があれば、夢見ることできるんです。
 何にもなくても、
 命があれば、愛することができるんです。


 何にもなくても、
 命があれば、Happyです。



 極楽とんぼといわれますけれど、
 極楽とんぼで、楽しいですよ。



 人はそれぞれですけれど、
 変化できると楽しいですね。





 連れ合いさんにも、思いがけない変化が、訪れますように。


 とんぼ生まる食い千切る牙光りをる   仁


 命は生きる知恵に溢るゝ





 > 九年たったが、女房を喪った哀しみはぼくの人生でもっとも大きいもので、それは今も変わらないけれども、この数年、女房の死を含めて、日々のありようのすべてを肯うという気持ちが強くなってきたんです。それもまた、ありがたい。昭和五十七年の脳梗塞以来病気ばかりしてきた。大腸癌、脊椎間狭窄症、脳溢血。いま、左半身不随の一休障害者となってしまった。だが、俳句は休まなかった。かえって句ができるようになった。病気からも句を賜ったと、つくづく思っている。癌と聞かされたときも。ああそうですか、と。別に驚かなかった。

 死ぬ病得て安心や草の花

 と詠んだ。これで、女房のところに行ける。女房が越えた死線を、自分も越えられる、と。
 実際には、いまもこうして、生を賜っている。脳溢血の後遺症が残って、週三日はリハビリテーションのために、病院に通っています。いまある生を大事にする、そのことをきっちりと引き受けて生きる。そのことは、ぼくの姿勢なんです。あるがままを肯定するということは、なにも、なげやりに、なすすべなくくらすということではないんです。   森澄雄『俳句随想 俳句に学ぶ』p30



 今読めば素直に心に伝わってくるように感じます。
 あたりまえのことをあたりまえにいっているだけのことですがとてもしみじみ深く心に染み込んできます。
 さて、どう生きるか・・・。



 ぼくはまだ素直ではないのかもしれません。
 言葉あそびとして生きもうけの余命の楽しみにしています。それでも、愚直なぼくの心根には森澄雄さんのところまで深くなりたいとは念じているのです。
 大それたことでしょうけれど、その大それたことをまじめに真似しようと念じているんです。



 母が逝った時も父が逝った時も、その死を余りにも素直に受け容れて、母や父の死線に付き添っていなかったことを、今さらに、後悔します。
 生きているいま、どれだけ人の心に寄り添って生きているのでしょう・・・
 いまある生を大事に生きるということは、自分だけの生のことじゃないのでしょう。共に生きている人たちの生をも大事に生きるということだろうと念います。
 良寛さんにはそのことを学んできたはずなのに、・・・





 いまはたゞゴーヤにこゝろ奪わるゝ   仁


 乖離も深し心と命



 夏の雲まだ少年時の色にをる   仁


 うぶのときめく未知への旅路



 合歓の花老を生きゝる気をもらう   仁


 この老に添うこころのありや




dreamrakudost1605imahatadagoya1r.jpg








★ ドリーム楽土交心st1605

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

いまはたゞゴーヤにこゝろ奪わるゝ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ ドリーム楽土交心st1703『 老旬のあそび心や夏景色 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ めぐり逢い良寛さんzv2601『 夏の庭命浄土の絵巻物 』sv24 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 麦の秋今老旬の真っ直中 』ドリーム楽土交心zt0102st10
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ ドリーム楽土交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







麦の秋今老旬の真っ直中







 あるがまんまで、
 素直に、
 楽しく、

 心開いて、
 交心しましょう。


 心をキャッチして、
 表現しましょう。



 争わず、
 軽んぜず、

 
 学び合い、
 分かち合い、
 つながり合って、


 いっしょに、
 幸せを、
 共有していきましょう。





 まるで、小学生のような呼びかけですけれど、


 そうです、
 少女のように、夢を見ましょう。
 少年のように、遊びましょう。



 初心に戻り、
 一歩踏み出した世界を、
 575で、
 交心しましょう。





☆ そのまんま575で交心39201

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

麦の秋今老旬の真っ直中

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > 麦秋のまつ只中を八高線      花人



 面白い機関車のようですね。
 マニアがいっぱい。
 シニアのマニアははにかみやが多い、とふと思ってしまいました。



 麦の秋今老旬の真っ直中   仁


 明日知らずも今ここ歓喜





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ 都都逸で交心vk0605『 自遊変化のあなたの色は 空即是色恋弥勒 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。