片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
青のくさみ「森女」遊泳1701『 寄り添うて寂しさに泣け宵の秋 』w12p1012
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



w12p100701fuyukodatifukakineniitemeguriau1w.jpg



★ 青のくさみ「森女」遊泳1701w12p1012「0687」

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

寄り添うて寂しさに泣け宵の秋

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 一休さんのスローセックス終着駅に着きました。
 自然法爾、梵我一如の巡り愛の三昧境です。
 一休さんの三昧境を内観できるようになった森女さんは、その三昧境の魂に交わるように、若い肉体を一休さんに添わせるんです。その香りに、その柔らかさに、その温もりに、一休さんは未生以前の魂の故郷を体感することができるのです。その体感の安堵の中を心は逍遙し、森女さんの命と巡り愛、森女さんと魂のまぐわいを現成するんです。


 寄り添うて寂しさに泣け宵の秋   仁


 泣けばうき寝も一会の楽土


 > おもいねのうきねのとこにうきしずむなみだならではなぐさみもなし   森女


 この森女さんの心をしっかりと抱きしめる一休さんになっていくのです。
 この森女さんの心を確りと抱きしめる一休さんの生身は、もう、森女さんにとって、弥勒菩薩さんの化身に幻えてくるのでしょう。
 その一休さんを涙に震えながら確りと抱きしめてくる森女さんは、もう、一休さんにとって、弥勒菩薩さんの化身に幻えてくるのでしょう。
 魂のまぐわう梵我一如の法悦の時が流れます。

 スローセックス。妙適清浄句是菩薩位。
 無心の心は一切清浄。
 煩悩即菩薩。






★ 仁訳森女0687w01『 盲森夜々伴吟身 』約弥勒下生12s0712

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

盲森夜々伴吟身 被底鴛鴦私語新 新約慈尊三会暁 本居古仏万般春

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 弥勒の下生を約す

 盲森、夜々、吟身を伴う、
 被底の鴛鴦、私語、新たなり。
 新たに約す、慈尊三会の暁、
 本居の古仏、万般の春。

仁訳
 目の見えない森公は、夜々、唱うように、舞うように、体をほとめかせて身を寄せてくる、
 鴛鴦のように寄り添い合って、ぼくらは、愛を語らい合うんだよ。
 朝になると、また、新しく約束し合うんだ。弥勒さんのように蘇って、何度も何度も、愛し合おうね、と、
 森公は、ほんとうにぼくにとって、いつでも春をもたらしてくれる弥勒菩薩さんなんだよ。


 ※ 慈尊三会=弥勒菩薩が衆生救済の為に開く三度の集会のこと。



 回生の源命湧く泉   仁


 婬水の香に安堵の睡り


 一休さんは森女さんに抱かれて少年のような笑みを浮かべて眠りに入るのでした。
 朝の清新な日差しの中で、またお互いに愛おしみ合いながら、森公、ありがとうね、ぼくはきみの無心に救われたよ、とささやくのでした。森女さんは溢れる熱い涙を一休さんの胸にこぼしながら、わたしもほんとうに救われました、とささやくのでした。
 ぼくらも弥勒さんのように、辛苦も悲喜も分かち合って、お互いに救いになるように、いつも新しい心で愛し合おうね、と深い絆を約束し合うのでした。


 好日は命ぞ山も粧いぬ   仁


 移ろう時の折々の情







★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 今日の出来事、雑談、交流広場 12年10月12日 』   ☆☆☆   古事記描いた連作も - 「絹谷幸二~豊饒なるイメージ」/20日から県立美術館で へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1601『 真綿なる母に抱かるる月見草 』w12p1011 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ つけ句あそび交心w12q093001『 念ずれば物皆形見涼しかり 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


スポンサーサイト
青のくさみ「森女」遊泳1705『 朝には花新しき酔芙蓉 』w12p1013
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1701『 寄り添うて寂しさに泣け宵の秋 』w12p1012 への交心です。 ★★★
 


w12p101301asitanihahanaatarasikisuifuyo1w.jpg




★ 青のくさみ「森女」遊泳1705w12p1013「0687」

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

朝には花新しき酔芙蓉

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――





 > 泣かぬとても心は震う   雲人


 よろこびの涙あふるる夜長かな   仁


 雲人さん、いつもつけ句交心ありがとうございます。
 法爾の道理というのは陰陽の呼び込み合いなのですね。そうなんだ命の根源に戻れば分かれた陰陽がまた元に戻って陰陽合体、太極となるんですね。
 スローセックスは命の太極への回帰なのでしょうね・・・


 そして、スローセックスが命の太極への回帰なら、同時に、スローセックスは、一瞬一生、死への移行なのでしょう。一瞬一生は、一瞬、一瞬の命の死であり、また、一瞬、一瞬の、命の復活なのでしょうね。

 スローセックスは、死への回路の逍遙であり、また、生への復活の回路への躍動でもあるのでしょうね・・・


 なみだの谷にきみ眠りませ


 朝には花新しき酔芙蓉   仁





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1601『 真綿なる母に抱かるる月見草 』w12p1011 へどうぞ!!! ★★★


★★★ つけ句あそび交心w12q092001『 虫しぐれ一夜のゆえに恋まさる 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


青のくさみ「森女」遊泳1401『 冬木立深き根にいて巡り会う 』w12p1007

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



w12p100701fuyukodatifukakineniitemeguriau1w.jpg




★ 青のくさみ「森女」遊泳1401w12p1007「」

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

冬木立深き根にいて巡り会う

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 一休さんのミラクルな性愛生活の一端が披瀝されます。
 それは誰もが知っている日常の閨事でしょうけれど、一休さんにおいてミラクルなのは、その年齢と性愛に対するスタンスです。一休さんがもう80才を過ぎていることを忘れないようにしましょう。自分自身の80才をこの一休さんに対面させてみてください。

 88才で死ぬ間際まで、一休さんは同じスタンスを貫いています。おそらく森女さんに抱かれた姿で坐死したんだろうと想像します。
 一休さんは森女さんに抱かれながら坐死することを念じていたのです。森女さんも一休さんのこの念いを受け容れていたのです。
 遺偈の一つに、この坐死のことを、きちんと詩っています。

 巡り愛ですね。

 念う方も菩薩さん、念いを受け容れる方も菩薩さんなんです。
 ただただ驚嘆するばかりでしょう。


 冬木立深き根にいて巡り会う   仁


 日月雲雨分かつ喜び


 けれど、88才の一休さんの性愛は人間の愛の極地であり、人間の文化そのものです。
 今まで全魂を込めて描きつづけてきた夢閨の詩が文化となった一休さんの性愛のビジョンです。
 妙適句是清浄の現成です。
 遺偈に念じた通り、一休さんは森女さんに抱かれて坐死したのでした。

 おそらく良寛さんも、一休さんと同じように、至福の愛の中でこの世にお別れしたのでした・・・貞心尼さんに抱かれて坐死したのです。


 > いつ\/とまちにし人は來りけり今はあひ見て何かおもはむ   良寛



 性愛は文化そのものだというのは、性愛も心を耕し、種を蒔き、丁寧に育んで、花を咲かせる一つひとつの行為の全体を意味しているのです。一つ一つの行為の中に常に全体が、ふたりの間で、了解され、共鳴共振し合う、創造的な行為なんです。


 高齢者の生が全体スローライフであるように、高齢者の性も全体スローセックスです。
 男と女の間には越すに越せない淵がある・・・それでもエンヤコラ舟を漕ぎましょう。


 その道標を一休さんが詩で照らし出してくれています。


 月明かり川面も闇も文模様   仁


 触るれば温き精の交うなり





★ 仁訳森女0684w01『 婬水 』12t0625

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

夢迷上苑美人森 枕上梅花花信心 滿口清香清淺水 黄昏月色奈新吟

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――



 夢にも迷う、上苑美人の森、
 枕上の梅花、花の信タヨリの心。
 口を満たす清き香と清浅の水と、
 黄昏の月色、新吟を奈にせん。


仁訳
 夢の中でも、ぼくは、この美しい庭園で、美人の森公と愛し合っているんだよ・・・
 昼も夜も枕元に花開く梅の花は、何もかも任せきった森公の心そのものだからね。
 ぼくはその花の香りをかぎ、その清らかな婬水を呑み込んで恍惚となり、
 黄昏の月の明かりの下、今また、ふたりで歓喜に蕩けるままに謡うんだ。
 そしてこの至福の悦楽の情を詩に詠んで森公と幸せな時を分かち合うんだよ。





 月影やゆらぐいのちの火となりぬ   仁


 睦む言葉の和泉に湧きぬ


 言葉の一つひとつにイメージを注入してみてください。幻想が膨らんで一休さんのスローセックスのスキルが丁寧に描かれています。目の前の梅の花から芳しい香りがただよう妖艶自在な睦み合いのはじまりです。
 スローセックスの楽しみと豊かさはゆるやかな営みと愛語の交歓です。睦み言葉によって喜びの世界の広がりが観えてくるようになることです。
 <黄昏月色奈新吟>。
 唱うように、躍るように、愛撫しながら、ロマンの愛楽土を語るのです。
 いつも新鮮で温かい愛楽土の花が咲くのです。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1301『 小さきが寒さに震え抱き合う 』w12p1006 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ 林住期道楽交心w12q090601『 茜草一会の祇王肌に染む 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 雨蕭々白髪落ちる立夏の夜 』青のくさみ「森女」遊泳0101

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





雨蕭々白髪落ちる立夏の夜




★ 青のくさみ「森女」遊泳0101w12t0621

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

雨蕭々白髪落ちる立夏の夜

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




 昨日20日に水曜会スピーチで一休さんのお話しをさせてもらいました。
 二度目のスピーチなので、ずいぶん要領も分かってきたと思っていたのですが、一回目と全く同じような無惨な結果になってしまいました。つくづく不特定多数の人たちの前でお話しすることに凡愚老仁は無能であるのか痛感しました。

 水人さんの静かで、淀みない、ポイントを明らかにしながらの語り口の上手さにあらためて感動しました。間合いの取り方が好くて、聞く方も内容を反芻しながら自問もできる交心が成り立っていたのを学ばせてもらいました。
 面と向き合った身近な青年たちとのその場その場の対話、交心しかしてこなかった老仁には、今さら、まとまった話を要領よく語れる能力は養成しようもないことを実感しました。・・・なのに、どうしたことでしょうね、大人の人たちに夢中になって話しかけていることが、なぜか、熱くなるほど楽しいんです。脈絡もなく想像が飛び回り、言葉が湧き出してきて、止めどなく喋りまくっているんです。初回の反省をこめてテーマも絞り、90分で語れるレジメも用意したのに、はじめっからレジメを使わないトンチマンチ喰らった放談になってしまっているんです。放談の渾沌が楽しいんでしょうね・・・
凡愚老仁は、やっぱり方丈菜園に隠遁して土いじりに恍惚境を遊泳していた方がしみじみHappyなんでしょうね。


 7月4日には、藤人さんのスピーチを聞かせてもらうことができます。
 人のお話を聞くことは林住期の楽しみの一つになりました。今まで青年たちとの面と向かった直談判しかしてこなかったので、本も読まず、研修もせず、映画を観ることも音楽を鑑賞することも瞑想することもなかった半生であったことに思いあたります。まぁそれはそれでよかったんだと肯くほかありませんね。その分リタイアしてから知る楽しみ、学ぶ喜びが新鮮で、好奇心全開の老春を遊べるようになりました。朝カル、九歴、伊都国、古文書館の講座、あちらこちらの講演を聴き漁っています。徒労にも近い燃焼ですけれど、燃焼は一瞬一生の清々しい快感を味合わせてくれるんですよ。

 で、スピーチの終わりに、一休さんの序の口も終わらないままだけれど、本命の一休さんと森女さんの菩薩愛について、もう一度、お話しさせてくださいと、お願いしましたけれど、色よい反応はもらえませんでした。
 もう、うんざりだよ、というのでしょうね。


 というわけでもありませんけれど、徒然侘るの閑仁は、蒼の臭みに浸りきって妄閾遊泳が心味に合いますので、学生時代の『青のくさみ』気分に埋没したくなっています。恍惚境の『青のくさみ』はリアリストの青臭会には顰蹙物でしょうけれど、ミラクルな50年のよしみで、『青のくさみ』発信、ご寛容くださいね。

 もちろん、読まなくってもいいんです。

 まだ発信できる『青のくさみ』が在り、青臭会が健在であることを日々の中に感じることができるのがHappyです。






★ 仁訳一休詩0287『 只誇一場口頭滑 』自賛12t0615

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

只誇一場口頭滑 一休與麼不休歇 臺搦手段畫難成 狂雲従来妬佳月

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




 只誇る、一場、口頭の滑らかなるを、
 一休、与麼として、休歇せず。
 臺搦の手段、画成り難し、
 狂雲は、従来、佳月を妬む。


仁訳
 ぼくの自慢はね、どこにいても口が達者なことなんだ。
 話しはじめると言葉が湧き出してきて、もうどうにも止まらない。
 時には褒め殺し、時にはこき下ろし、身勝手で絵にもならないよ。
 元々ぼくはね、無口で、あの輝くお月さんのようにおすましの高僧が妬ましいくらいなんだ。
 
 ※ 臺搦=扌に臺。タイジャクと読む。誉めあげたり、こき下ろしたりすること。
 ※ 与麼=ヨモ。どうしても。



 雨蕭々白髪落ちる立夏の夜   仁


 夢閨に仙女添うて私語せん


 ※ 私語=閨の囁き合い、睦言


 7月4日の水曜会、藤人さんのスピーチ、よろしくお願いします。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 万葉仮名あそび575交心w12r082807m『 黄美毛来手共似稲穂野菜実十奈令 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 一休さんの詩を遊ぶ交心0529w02『 蚤虱とことん人間好きになる 』w12r082102 へどうぞ!!! ★★★


★★★ TAO交心w12r081601『 言葉ちゅう仙女に恋す宵の秋 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★