片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
けれど、どうして、別れたんだろうね・・・?



――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
けれど、どうして、別れたんだろうね・・・?
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



< これからの歩む道ゎ
決して楽にゎ通れない。

どんな道でも、私ゎ、必ず、歩む!!
歩まなきゃいけないの☆

それが私の道だから!! > 。。。




 生呼、心、少し開いてくれてありがとう。
 いろいろあったんだろうね。けれど、続いても、別れても、どっちにしても、生呼が通る道の一つだったんだろうね。一つ始まり、一つ終わるんだ。それが、青春なんだと思おうね。それが、学びだと思おうね。
 生呼の心のノートに、きちんと、記録されていくんだよ。
 ときどき、生呼は、その心のノートを開いて、辿り直して、今を、受け容れ、今を、乗り越えていくんだ。それが、成長なんだね。

 けれど、どうして、別れたんだろうね・・・?

 同じことを繰り返さないために、次のステップへ飛躍するために、理由と、相手の中の問題点と、自分の中の問題点は、いつか、はっきり、把握していた方がいいよ。
 それが見えていると、同じことを繰り返さなくていいからね。

 そこの把握ができなくて、同じことを何度も繰り返し、だんだん悪くなっていく人も多いんだよ。考えることをせからしがって、人のせいにばっかりしていると、心がだんだん小さくなっていくんだよ。

 生呼は、よかったね。いい友達がいて、相談できて。
 これからも、いつだって、友達に相談しながら、自分で、自分の道を歩いていこうね。 生呼、家の人には、お母さんか、誰か、相談しているの?


< 前の人との経験があって信用しきれない自分がいる…
優しいのゎ最初だけ…どうせ振られる…
ッて思う時があるの!!  > 。。。



 これは、いつだって、つきまとう不安だよね。
 なぜそうなってしまうんだろうね・・・
 相手のせい?
 自分のせい?



〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 <夢と恋は人生の華 > について語り合おうよ! 』
♪♪♪  

★★★  『 愛することに、証はいらない 』
♪♪♪  

★★★  『 かく熱くひとり遊びに興ずるも愛呼と呼べど木魂返らず 』
♪♪♪   

〇-----*****************************************-----〇


深緑のこの柔らかさ穏やかさ二度と戦で破壊させまじ


スポンサーサイト
いつまで経っても、夢を見る

輝いているから


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
いつまで経っても、夢を見る
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



あ、あ、あ、あなたが輝いていたから、
たちまちこころを奪われた。
あ、あ、あ、あなたの笑顔が素敵だったから、
わたしは夜な夜な夢を見た。

あ、あ、あ、いつまで経っても、夢を見る。



〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 授業を通して学んだこと、考えたこと (その02) 』
♪♪♪   

★★★  『 いかなる戦争にもNO!という人を、 』
♪♪♪ 

★★★  『 どんな理由があろうとも、もう、戦争には荷担しません 』
♪♪♪ 

〇-----*****************************************-----〇


9条に向き合う心

名を声に出せば虚しく風掠うなれど嬉しやまた声に出す





――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
名を声に出せば虚しく風掠うなれど嬉しやまた声に出す
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



名を声に出せば虚しく風掠うなれど嬉しやまた声に出す



〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 誰かの思いと自分の思いが違っても・・・  by 光呼 』
♪♪♪   

★★★  『 沖縄復帰35年―自立の道探る若い世代 』
♪♪♪    

★★★  『 このまんま憲法改正が行われていいの? 』
♪♪♪   

〇-----*****************************************-----〇




コアジサシがフラレタよ!





――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
コアジサシがフラレタよ!
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 龍山さんが、夕方の天気予報の時、
 コアジサシの話をしていました。小鯵が好きな渡りだそうです。さっと海に突っ込んで小鯵を捕獲します。口にくわえて、どこへ行くのでしょう・・・。
 ブイの上に、メスのコアジサシが休んでいます。オスは、このメスにプレゼントしに来たのでした。恋のプレゼントです。貢ぎ物でしょうか・・・。ところが、メスは知らぬふりして飛び去りました。
 龍山さんの解説では、オスの持ってきた小鯵が小さすぎたので、メスはオスを蹴ったのだそうです。
 渡りの世界も人間の世界も厳しいですね。
 でも、このくらいで、ちょうどいいのかもしれません。
 人間の世では、女性が、最近、ちょっとした甘いコトバで、恋を受け入れている傾向が強いのではないのだろうか・・・そう老仁は、ちょっと、気になっています。

 一人前の社会人として生きていける条件を持った男性は、一人前の社会人であることが求愛の条件であるような、選択基準が検討されるのも面白いかもしれません。(差別、選別の悪用になりませんように!)セクハラやパワハラの持ち主は、もちろん、拒絶の対象。

 動物、生き物の世界では、女性を獲得することは命がけなんですよね・・・

 ちょっと、コアジサシから、いろいろ考えはじめています。


〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 器用じゃない生き方だっていいじゃないか 』  by ともぞう
♪♪♪   

★★★  『 奴隷のように、性の搾取に合ってきたわたしたちは、・・・ 』 by ミッシェル
♪♪♪  

★★★  『 セックスにオープンな中国の高校生 』
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇





銃弾に屈せぬ心


ほんとの弱さも、ときには、素敵でしょ?   by 光呼


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
ほんとの弱さも、ときには、素敵でしょ?   by 光呼
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



そうだよ、きっと、そう
悩みを誰にも言わないあなたもわたしも、きっと弱い

でもね、それでもいいんじゃないかなってわたしは思う
だって、ほんとに弱いから

ほんとの弱さも、ときには、素敵でしょ?




☆☆☆  光呼の 『 言の葉  』 より。
♭♭♭  




〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 杉浦太陽が結婚報告「命の尊さ考える」…「0からの風」初日 』
♪♪♪   

★★★  『 今一度太宰治のよき時代思い人間臭さに戻る 』
♪♪♪  

★★★  『 「知る勇気」「伝える努力」 』1
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇
君が傍にいるだけで、俺は百万倍強くなれるよ by Messiah


君が傍にいるだけで



――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
君が傍にいるだけで、俺は百万倍強くなれるよ
by Messiah
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



通り過ぎた人が落としてった
涙を数えるたび
優しくなりたいと願う

君は誰よりも優しい人☆

君が傍にいるだけで、俺は百万倍強くなれるよ



8suzu0112



〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 ごめんね。ありがとう 』   by 光呼
♪♪♪   

★★★  『 「重い荷物」を背負って生きる 』
♪♪♪   

★★★  『 「米国の夢」ではなく、「米国の良識」が復活してほしいですね。  』
♪♪♪  

★★★  『 信じる力、知る勇気 』
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇






心に一歌



日本の平和



ねこのようにすなおに・・・   by のぅ


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
   ねこのようにすなおに・・・   by のぅ
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 寄り添って、生きていきたいと、
 ずっと願ってきました。
 あなたが寄り添って生きることのできる人だったから。
 あなたがハグを求める人には、いつでも、
 ハグすることのできる人だったから。
 そんなあなたは、わたしの光だった。
 そんなあなたは、わたしの愛だった。
 あまりにも大きな愛だった。
 わたしは、あなたに近づこうと、
 あなたに学ぼうと、
 あなたを愛したのでした。
 けれど、愛って、
 そんなものではなかったのですね・・・
 わたしは、いつも安全地帯にいたから、
 あなたのハグを、受けることなどできなかったのでした・・・
 あなたのハグを受けるほど、
 わたしの心は傷ついていなかったのでした・・・
 傷のない心で、
 どうして傷だらけの心をハグすることができるのでしょう。
 それでも、わたしは、
 ほんとうは、あなたを、ハグしていたかったのです。
 ほんとうは、あなたに、ハグしてほしかったのです。
 弱い心のまんまで、あなたと、寄り添っていたかったのです・・・

 猫のように、すなおに、すり寄っていたかった・・・



〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 あたしのこころ 』    by くぅ
♪♪♪ 

★★★  『 ふわふわ、ふわふわ 』     by ふわふわ
♪♪♪   

★★★  『 新緑や命は羽を持って飛ぶ 』
♪♪♪ 

〇-----*****************************************-----〇


9条を世界遺産に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。