片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
明日香川縁に異時空幻つけけり




明日香川吾を映して荒びけり


 ★ 瘋癲老仁妄詩 12501

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

明日香川吾を映して荒びけり

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 昨日の淵は今日の瀬となる明日香川・・・

 その明日香川を歩いてきました。
 目の前の明日香川は、
 葦が枯れて、両岸を覆い、
 その隙間を練って、
 細々と流れているんです。

 さすがに観光のメイン地は、
 枯れ葭を刈り取って、
 見晴らしよくしていますけれど、
 冬の哀れさがまさります。


 老仁もまた、
 あるいは、失意の中で、
 この明日香を訪れているのかもしれません。
 一筋の川の流れが、
 したたかに希望を生むのか、
 はたまた荒廃の心を蝕むのか・・・

 明日香の風に夢と勇気を貰いに来た老仁なのですけれど・・・



明日香川01



〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 ミラクルのひと夜たまわる寒の月 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 12201
♪♪♪

★★★ 『 鬱あれば我が身守りぬ寒の星 』★ 瘋癲老仁妄詩 12103
♪♪♪  

★★★ 『 秋の暮れ淵に『欲望』立ち上がる 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 10204
♪♪♪

〇-----*****************************************-----〇



明日香川02

スポンサーサイト