片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 天寒しまことのあいは語られず 』めぐり逢い良寛さんsz2201
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575『 天寒しまことのあいは語られず 』sz2201






★ めぐり逢い良寛さんsz2201

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

天寒しまことのあいは語られず

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句ブログランキング

★ ありがとうございます。








 ≪ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。



 「月雪は いつはあれども ぬばたまの 今日の今宵に なほしかずけり」


 ぬばたまのは今宵の枕詞。月雪は常に美しいが、今宵の月と雪は格別である。
 「人を思へば山河遠く」に続く歌。
 虎班和尚の大蔵経請来の発願に尽くす維馨尼を思いやる歌。   。。。(全国良寛会)



 月はいつでも美しいね。雪も美しいよ。けれど、今日の、今宵の、この月は、特別に美しい。今までのどんな月よりも、今宵の月は美しいよ。



 このページを思い浮かべながら、新聞を読みました。
 昨夜は荒れたお天気でした。
 夜中に雷が鳴り響いていたので、月雪を見ることは出来ませんでした。   ≫   。。。 雪割草





★★★ 交心俳句258-01『 軒氷柱遙かな月を抱きけり 』 への交心です。 ★★★






★ 良寛短歌0008zz17sz22

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

月雪は いつはあれども ぬばたまの 今日の今宵に なほしかずけり

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 【 仁訳 】

 月はいつでも美しいね。
 雪も美しいよ。
 けれど、今日の、今宵の、この月は、特別に美しい。
 今までのどんな月よりも、今宵の月は美しいよ。



 これも維馨尼さんに宛てた手紙の文面ですから、



 維馨尼さん、独り寒さに耐えている月にあなたの姿が重なって見えるよ。
 そんなにつらい夜をもう耐えなくてもいい。
 体の方が大切だよ。
 自愛して下さいね。
 あなたはもう十分に働いたのだから、はやく越後に帰っておいでなさい。
 越後の月はこんなにも美しいよ。



 と読み込んでもいいのでしょう・・・
 良寛さんの維馨尼さんへの労りと切ない情炎が伝わってくる歌です。
 あるがまんまの良寛さんのまことの恋心を感じます。



吁嗟(ああ)吾(われ)何をか道(い)はむ 天寒し 自愛せよ   良寛



 なんという慈愛に満ちた手紙でしょう。
 そして良寛さんの維馨尼さんへの思慕の情炎が迸っています。





 天寒しまことのあいは語られず   旅仁


 まことみなぎる愛語のひかり






☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzz1703『 月雪やただただ偲ぶ遠き人 』sz21 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。