片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 いのちかな恋知の萌ゆる吾亦紅 』恋知575交心qq1303
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 恋知575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





 青柳仁が過去の思い出をシェアしました。

★★★ FB青柳仁交心qq1301『 こころにもルーツ在りけり酔芙蓉 』 へどうぞ!!! ★★★
 





 こころにもルーツ在りけり酔芙蓉   仁


 海を渡りし幾多の民よ



 酔芙蓉恋のルーツを辿らんか   仁


 謎のままなる一会妙心






『 いのちかな恋知の萌ゆる吾亦紅 』恋知575交心qq1303






★ 恋知575交心qq1303

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 いのちかな恋知の萌ゆる吾亦紅

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――










 【 2年前  この日の思い出を見る chevron-right 】  青柳仁  2015年9月13日 ·




★ つけ句あそび交心sq1302

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

 わがルーツ類人猿まで酔芙蓉

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





 以上、
★★★ 『 わがルーツ類人猿まで酔芙蓉 』つけ句あそび交心sq1302 への交心です。 ★★★
 





 以下、 【 転載 】
 。・。・゜♪゜・。・。★ つけ句あそび交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





> 親に似て嬉しと言えぬ老いの顔   宮呼



 親も越えれぬこの身も疎し    仁




 つけさしてくださいね。
 年とともに親父に似てくる顔つき担ってきました。鏡を見るたびにそれを感じるようになりましたが、今では鏡を見なくても、あっ。この表情は親父だ、と感じるようにもなってきます。

 遺伝子の乗客なんですね・・・





 わがルーツ類人猿まで酔芙蓉    仁


 入息待たずルーツも消えむ     【 転載 終わり 】





 この花のことを知りたい。あの人のことがもっと知りたい。縄文時代のことについて調べてみたくなった。
 愛って何?
 人間って何?
 倖せって何?
 「これ何?」が外界あるいは他者に対する最初の関わりでしょう。
 とすれば「知りたい!」が恋のはじまりだと単純に考えてもいいでしょう。
 フィロソフィという言葉が初めて入ってきた時、「知を愛する学問」という意味で愛知学と名づけられたそうです。愛という言葉も、外来語で、日本古来の愛という言葉とは意味合いが違っていたそうで、フィロソフィは哲学と呼ばれるようになったということです。
 「哲」の「折」は「草木を斤で切る」ことを意味し、これは「神に誓うときの所作」を意味するそうです。また神が梯子を降りてくるのを迎えるときの心を「哲」といい、「さとる。さとい、かしこい」の意味となると白川静さんは解いています。
 ぼく流には「ほんとうのことを知りたい心」を哲学というのだろうと思っています。
 「知りたい」が見たい、触れたい、嗅ぎたい、一緒になりたい、と共鳴共振していく心に大きく膨れ上がっていきます。そのエネルギーをエロス、恋と呼ぶのでしょう。
 <恋する>・・・熱い言葉ですね!
 ほんとうのことを知りたいに熱くなっていく心を<恋知>と呼んでもいいのでしょう。

 晩生のぼくは、老いて今、恋知の心に熱くなっています。
 ひとはもう枯れて、涼しく悟りの心に落ち着いていくのでしょうけれど・・・





 いのちかな恋知の萌ゆる吾亦紅   仁


 死の間際にも燃ゆる心を



 月を待つこころに忍ぶ恋となる   仁


 恋弥勒とも恋知の友に





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。