片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
『 When I saw Cosmos  』       by むぅ



When I saw the flower
You picked it and gave me
But now you're not here
My heart is empty

The view without you
It's not perfect world
The view with you
It's perfect world for me

I smelled cosmos
And I remembered you
But now you're not mine
Who steals you from me?
I love you forever cause you're my star
But now you're not here

Cosmos dances in the wind
I throw away my old love and songs
And I keep my pure love and your smile
Cosmos dances in the my world
Which is without you
It's so empty world for me...

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あの日あなたと一緒に見た花をどうして忘れることができる?あなたはその花を摘み取ってわたしの髪に挿してくれた。どうして忘れることができる?なのに、あなたは、もう、ここにはいない。ああぁ虚しいわたしのこころよ。あなたが一緒にいないこの世界は花がどんなに美しく
2006/09/09(土) 14:12:47 | ネット村塾空