片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
ねこのようにすなおに・・・   by のぅ


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
   ねこのようにすなおに・・・   by のぅ
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 寄り添って、生きていきたいと、
 ずっと願ってきました。
 あなたが寄り添って生きることのできる人だったから。
 あなたがハグを求める人には、いつでも、
 ハグすることのできる人だったから。
 そんなあなたは、わたしの光だった。
 そんなあなたは、わたしの愛だった。
 あまりにも大きな愛だった。
 わたしは、あなたに近づこうと、
 あなたに学ぼうと、
 あなたを愛したのでした。
 けれど、愛って、
 そんなものではなかったのですね・・・
 わたしは、いつも安全地帯にいたから、
 あなたのハグを、受けることなどできなかったのでした・・・
 あなたのハグを受けるほど、
 わたしの心は傷ついていなかったのでした・・・
 傷のない心で、
 どうして傷だらけの心をハグすることができるのでしょう。
 それでも、わたしは、
 ほんとうは、あなたを、ハグしていたかったのです。
 ほんとうは、あなたに、ハグしてほしかったのです。
 弱い心のまんまで、あなたと、寄り添っていたかったのです・・・

 猫のように、すなおに、すり寄っていたかった・・・



〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 あたしのこころ 』    by くぅ
♪♪♪ 

★★★  『 ふわふわ、ふわふわ 』     by ふわふわ
♪♪♪   

★★★  『 新緑や命は羽を持って飛ぶ 』
♪♪♪ 

〇-----*****************************************-----〇


9条を世界遺産に

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック