片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極北の愛追い縋る散る櫻


極北の愛追い縋る散る櫻


★ 瘋癲老仁妄詩 31603

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

極北の愛追い縋る散る櫻

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――




 ★★★ 『 散る間際まで抱きゆく愛ひとつ 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 31602 へどうぞ!!! ♪♪♪ 

 

 極北の愛まで、妄詩の世界で、行ってみました。

★★★ 『 極北に辿り着きたる念ひとつ抱いて今世を遊びけり 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 14901 ♪♪♪  

 だから、もう、幻視するものは、その先が、なくなったのですけれど、
 その幻視する愛の極北は、
 やっぱり、何度でも、辿り直して、より、具体的なイメージを創りだしていきたいとも思うんです。
 老仁一人は、行ったつもりになっても、
 それを語れなかったら、行ったことにならないし、
 語れたとしても、それが人の心に伝わって、イメージを結べなければ、
 やっぱり、行ったことにはなりませんよね。

 妄詩といえど、やっぱり、立派なイメージ世界ですから、
 言葉で、具体的なイメージとして、表現できるのでしょう。
 具体的イメージとして表現できるまで、
 繰り返し、繰り返し、
 極北の愛を辿り直すことに致します。


 良寛さんの愛も、一休さんの愛も、世阿弥さんの愛も、
 もう、すでに、具体的に生きた人の極北の愛の道しるべがあるのだから、
 老人の妄詩の愛など、
 誰も、見向きも、一顧だにも、するものではありませんけれど、

 人がどうあろうと、
 老仁は、ひとり遊びを楽しみながら、
 老仁の極北の愛を辿りつづけていくのです。

 もう、辿るというよりも、縋るような思いも強くなっているのでしょうけれど、
 縋る思いを強く持つほど、
 老仁の最後の夢になっているのでしょうね・・・


★★★ 『 観音に抱かれ眠りし春の宵 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 14210
♪♪♪ 


 そんな最後の、縋るような夢の、ひとり遊びに、
 のぅが、おつき合いしてくれるようになって、
 良寛さんと同じくらいHappyな時をもらっています。


★★★ 『 つきて見よ ひふみよいむな やここのとを とをとおさめて またはじまるを 』 ★ 良寛貞心尼相聞歌0201 ♪♪♪  



 愛呼が人間になっていく流れの中で、
 のぅが、精霊になって、老仁のひとり遊びに同伴してくれることになりました


 もうすぐ散っていく老仁ですけれど、
 たとえ一時でも、つき合ってくれるのぅと愛呼に、感謝します。


★★★ 『 散るさくらとおを数えてまた遊ぶ 』 ★ 良寛の恋00301 ♪♪♪  
 



 もう、聞くこともないと思っていた声を、
 再び聞くことができることは、最高に幸せなことなのです。

 もう、見ることもないと思っていた夢を、
 再び見ることができることは、最高に楽しいことなのです。


★★★ 『 幻視する愛の彼方に散る桜 』 ★ 良寛の恋00101 ♪♪♪  




 そんな最高の時を
 今、過ごせることを喜び、感謝します。


 もう、いつ散ってもいいのですね。



★★★ 『 独りなれば観音吾を抱き給う独りに在らずば現れるなし 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 13503 ♪♪♪  







 ★★★ 『 久住高原の桜 』 へどうぞ!!! ♪♪♪ 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。