片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
はるの宵ものうくきみの指のはう

おぼろなる心うつせり明けの月




★ いろはにほへと俳句を遊ぶ 09y021201

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――

はるの宵ものうくきみの指のはう

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――




 > 言ひつのる唇(くち)うつくしや春の宵   日野草城

 女は一生懸命自分の思いをぶっつけてくる。
 たぶんたわいもない、幼い言い分をまくし立てるのでしょうね。その純真さや、懸命さが、かわいくてたまらない。女が怒れば怒るほど愛おしくなる時というのがあるものです。
 愛する者の心というのは、理屈じゃないのですよね。
 女は、また、感情で動くことが多いのに、理屈で理解しようとする傾向も強いですね。
 そんな若い女の側面を、知っていて、大きく包み込んでいる男の寛さが詠われているのでしょうか。
 言いつのる若い女の、ちょっととんがった唇の動きに色気を感じるところが、日野草城さんらしい句だと思います。春の宵はそんな心にさせていくのでしょうね。


 花呼さんの鑑賞と同じように仁も読みとりました。
 草城さんの愛の表現は、すごく直接的な抒情なんですよね。


 はるの宵ものうくきみの指のはう


 もっと穿った読み込みをすることだってできるのかもしれませんね。
 男にとっての色気を感じるものは、愛情とは無関係に、その時の、欲望次第ということもあるんですよ。抱きたいと思っている時は、女が怒っていようが、愚痴こぼしていようが、泣いていようが、そのどんな表情や仕草にも、色気を感じるものなんですよ。
 唇や指は、色気ポイントです。人によってさまざまですけれど・・・


 それにしても、「春の宵」の季感がゆるがないのでしょうね。
 これが「寒の宵」だったら、その唇までも、寒々と感じるのでしょう。
 俳句は季語の斡旋がおもしろいのですね。


 > 言いつのり恋も切れたり春の宵      花呼さん


 若さだけの恋は、こうなってしまうことが多いのでしょう。
 そして、あとで、後悔するんです。
 そんなこと繰り返しながら、すこしずつ寛容になっていくのでしょうね。


言いつのる人あらばあれ暮れなずむ





★★★ 『 おぼろなる心うつせり明けの月 』 ★ 交心俳句28601 へどうぞ!!! ★★★





★。・。・゜♪゜・。・。★ いろはにほへと俳句を遊ぶ ★。・。・゜♪゜・。・。★






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック