片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
冬銀河もどれば19を生きている



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行俳句で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



零呼さんより、『 今日のそのまんま575で交心 10年01月15日  雪化粧髭だけ出してブラックキャッツ 』 に交心をもらいました。

「 15の春を泣かせない 」。。。 そんなコピーが流行ったことがあるんですね。世間にも無知な老仁はそんな風潮も覚えていません。
 19才で時間がストップして、外部世界が消えてしまいました。
 内部世界を生きはじめたのですけれど、内部には、何もないんですね。生きるということは、生を虚構することになっていきました。虚構の彷徨です。
 人は自分探しをしていたようですけれど、老仁は自分壊しをしていました。
 作っては、壊し。作っては、壊しの荒野だったのでしょうね。

 15、16、17と、わたしの人生くらかった・・・このフレーズだけ呟いていたようです。30過ぎまでくらい、呟いていたのでしょうね・・・



★★★ 『 今日のそのまんま575で交心 10年01月15日  雪化粧髭だけ出してブラックキャッツ 』 へどうぞ!!! ★★★
 


冬銀河もどれば19を生きている




★ 遊行俳句で交心10z011502

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

冬銀河もどれば19を生きている

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――




 零呼さん、今日も交心ありがとう。
 昔花金というのもあったような・・・土日がうれしくなりますね。老仁は、逆に、火水くらいがうれしくなるのですけれどね。現役と、無役の違いでしょうね。火水は現役さんたちが多忙中なので、どこも人影少なく、のんびりできるんですよ。けれど、また、その火水さえ、選ばなくてもいい、四畳半菜園暮らしに籠もりそうです。
 今日は朝から気晴らしに久留米へ遊びに行ってきました。
 心身のリハビリ。
 やはりリフレッシュできますね。


 小正月み空もわれをことほぎぬ   仁


> 寒ついて開く15の出入り口   零呼


 15、16、17と、暗かった。
 今も暗さに、変わりはありませんけれど、遊行を知って、心には、いつも、み空が広がっています。そのみ空を、遊行時空として、19の春まで、退行して、青春の生き直しをするのも楽しいでしょうね。15まで戻るのは、ちょっと難儀です。
 19が絶句の春で、老仁にとっては、ブラックホールなんですよ。
 自我が小爆発しつつ、どれもこれもブラックホールに呑み込まれていくんです。呑み込まれつつ、虚構の雲の糸を、天空に投げて、その雲の糸をよじ登りつつ、虚構の青春を彷徨していました。虚弱の心は、葉蔵さんだったり、ラスコーリニコフさんだったり、ムルソーさんだったり、・・・虚構の演出を忘れると鬱の闇に沈潜していたのでした。
 今も本質的には変わっていないのでしょうけれど、遊行力が大きくなってくれたので、楽天仁でいることができ、Happy、Happyで、優游三昧です。

 15、16、17は、いつの時代でも、苦海なのでしょうね。
 良寛さんの唐突な出家も18でした。

 そんな青年時代を、遊行の心で渡り歩く人間を、遊行時空で創出してみるのも楽しいことでしょうね。
 70の良寛さんが、今の世の中を、19の青年になって蘇生したら、どんな風に生きていくのでしょうね。想像しただけでも、わくわくするようなドラマがはじまります。
 太宰さんくらいの作家意識を持っていたら、『人間失格』じゃなく、『人間礼賛』が書けるのでしょうけれどね・・・
 『21世紀の旗手』くらいから、書き始めてみるのもおもしろそうですね。


 冬銀河もどれば19を生きている   仁





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 『 寒の星こころはどこでも交差する 』 ★ 遊行俳句で交心10z012001 へどうぞ!!! ★★★




★★★ そのまんま575で交心10z010705『 見えぬ根のおかげうれしや春の風 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック