片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
投稿;華維☆別に片想いでもヨカッタ・・・
 先輩のコトが好き。でも、その先輩には好きな人がおるって・・・。ちゃんと、自分のキモチは先輩に伝えたケド、片想いだったよ。先輩の近くにいたいケド、出来なくて、でも、先輩の「笑ってる顔」ば見たら、別に片想いでもヨカッタと思う。フラれても、それなりのプラス点はあるんだろうしねっ。
 こういうコト、ゆっくり、色々と考えて、悩めるコトが幸せなコトなのかもしんないし、世界には、大人達の勝手な考えのせいで、戦争で、生きるのに必死な子たちがイッパイいるのに・・・。幸せだなっ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
カタオモイは人を美しくする
 香衣由さんの詩にある「わたし」もカタオモイなのかな・・・。
 「わたし」はどんどんわるくなっていくのに、「私を大きくしてくれて」・・・不思議だね、恋愛って!
 ・・・でも、カタオモイは、人を成長させ、大きくさせていくものなんだよね。本当は・・・ね。
 今の「恋愛」・・・みんなを「どんどわるく」しているみたい・・・浅い関係に流されて、信じる力が弱くて、結局形にこだわって・・・。目に見えるものしか見えなくなっていく。そして、せっせとからだを許す。
 からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる。
2004/11/24(水) 22:26:53 | URL | #LUhkU0zU[ 編集]
「言葉」の形で・・・
 仁。この返事、アリガトウ。かなり感動したぁ・・・。尊敬もしたっ!今まで、仁のコトはオモシロイ先生とか思いよっただけやったケド、この返事で仁は「私」の出会った人の中で、まぢ、尊敬できる人だと思った!!友達みたいに、「うんそうだね」みたいな軽いあいづちじゃなくて、「言葉」の形で「気持ち」を教えてくれたっ。「私」も、最後の「からだを許さない・・・美しくなる」の文が一番感動したっ!仁に心でのあいづちうてたっ!!!高校3年間、現社は仁がいいっ!カタ苦しい教科書の授業なんてヤダッっ!!「私」は指示待ち人間なんかになりたくないもん。お願いばい!!
2004/11/24(水) 22:32:21 | URL | 投稿;華維 #LUhkU0zU[ 編集]
結ぶ力が愛
 かんどうしてくれてありがとう、華維。
 華維が感動してくれた言葉は、現社のテーマ、≪美しい花が咲いた。見えない根のおかげです≫の意味なんだ。恋愛は美しい花なんだよね。その花はしっかり根を張っておかないと美しくは咲けない。根を張るということは、人とつながっていくということだ。結・・・つながって、花になる。そのつながる=結は、人間の基本なのだ。人と人を結ぶ。結ぶ力が愛。そう思う。愛し合うことは花を結ぶこと。花になるには、ゆっくりとゆっくりと、深く深く根を張らなければならない。その根を張ることが、長い長い、からだを許さないつき合いの時間なのだと思うよ。
2004/11/24(水) 22:36:45 | URL | #LUhkU0zU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック