片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「大きな器」と「小さな器」
  93MRさんの『結婚に憧れている人へ』に次のようなコメントをしました。永遠のテーマに等しいけれどこのBLOGでもカテゴリを設けていますので、議論できることを願っています。BLOGサーフィンして体験談やメッセージの交流をお願いしていくつもりです。

 <愛と恋は同じではない>
 と93MRさんは断定しています。なぜ?そしてどこがどう違うのだろう?古来これは人びとが追求してきたテーマなのでしょう。そして人の数ほど答えもあるのでしょう。けれど、言葉で表現すると共通性は見いだせますし、類型化もできるでしょう。学者さん達がそんな理論構築はやってくれているので理解と受容の仕方は学べます。それでも愛も恋も人間そのものだし、関係性だし、具体性なんですよね。だから迷宮みたいなものなんでしょうね・・・。
 93MRさんの『結婚に憧れている人へ』は93MRさんその人の具体性そのものですから、プライバシーに関わって他人が探求することははばかられますけれど、共通する現実だし、共有できるテーマだし、反復し、乗り越えなければならない実践課題だから、やっぱり仁は93MRさんのメッセージをもう少し追求できたらいいなぁと思います。
 『結婚に憧れている人へ』は表現された作品として内容を議論することは許されることだと思うし、さまざまな体験のさまざまな表現と重ね合わせることで迷宮の構造が見えるようになるだろうし、全体性が見えてくると乗り越えの道筋も開示されていくのではないかと思うのです。
 体験者達が具体的な体験を語り、対話して、中高生や青年の学びの標本を提供したり、問題解決の道しるべを提示することは、今、とても大切なことだと思ってきました。方向性を持たないまま仁は『BLOG片想い礼賛』を始めましたが、93MRさんの『HEART』の言葉さん達とのおつき合いを通して、何か創りだしていけそうな気がしています。少し質問したり、議論したりさせてもらってもいいですか・・・?
 智遙さんへコメントいただいた「心の器」の問題は仁の関心で言えば、今の中高生に見えるようになって貰いたいと思う大きな課題です。
 たくさんの人が自由に参加して、語り合えるBLOGのネットができあがることを夢見つつ、厚かましいお願いをしました。ご一考いただければHAPPYです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
私に何かできることがあれば、何なりと☆
かえって、自分ひとりではなく、「どうして?」と言ってくれる人がいると、改めて違う目線からも考えられると思うので、それは私にとっても貴重なことですから。
2005/02/14(月) 11:42:45 | URL | 93MR #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。