片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
念ずれば・・・ by 93MR
『これが欲しい』 と

甘えていた あの頃のように

欲しいものは 欲しいと

大きな声で 言ってもいいとしたら

そして それが叶うとしたら

何を願うだろう





手に入れるための苦労は必要

何でも簡単に叶うなんて

夢だけで充分

念ずれば 花ひらく

想いの強さは

その苦労を乗り越えるための

願いを叶える為の 源

手にいれることを諦めれば

叶うことはない



道のりは 短くても長くても

想うことで 可能性が広がる

何を望む

何を願う



93MRさんの詩です。
 夢紗嵯さんへのメッセージとして使わせてください。これは『片想い礼賛』の基調を詠ってくれているような気もします。それで転載させてもらいました。
 93MRさんとの交心広場へもどうぞ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 <座っているときは、まるでそこにいないかのように平らかなのに、話しはじめると、まるで虹がかかったようにダイナミックになる人。瞑想しているときは年老いた賢者のように厳かなのに、踊っているときには無垢な赤ん坊のようにきらきらと笑う人>・・・そして、<チャー
2005/02/24(木) 13:26:10 | 好奇心全開!!時事問題を語ろう