片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛の中で・・・無限さんの詩へ
無題 ..無限
2005/03/22(火) 19:48 No.8951

好きだったことは、
心の奥の湖に
そっと沈めておくから。
あなたは、
ぁたしの存在を
白い羽にして
あの美しい空へ
飛ばして下さい

愛していたことは、
心の中の森に
埋めておくから。
あなたは、
ぁたしの思いを
蓮の花にして
この美しい海に
そっと流して下さい


 無限さんへ

好きだったから、湖に行けば
あなたに会える
愛していたから、森に行けば
あなたが蘇る
湖も森も私の心だから
あなたがどこにいても
わたしはいつもあなたと一緒だ

 詩に答はありませんし、詩にhow toはありませんけれど、もう一歩先へ歩いてみませんか・・・そんな思いを抱いてしまいます。哀しみも苦しみも乗り越えて見送る恋が美しすぎて、そんな美しい恋を手放すのは口惜しいと思ってしまうのです。人はどうして人を好きになり、人はどうして別れてしまうのか・・・別れなくてもいいつながりや別れても愛し合っていけるつながりがないものか・・・そんなことを考えてしまうくらい美しい恋が詠われていると感じます。恋から愛へ。空を飛ぶ「白い羽」は自分の所へ戻ってくることはあるのでしょうか・・・。海に流れる「蓮の花」と一緒にもう一度海を流れていくことはあるのでしょうか・・・。

 『詩投稿広場BBS』へどうぞ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。