片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
葉   by 光呼

「葉」


いつか

樹になる葉のように体中を揺らし

心を風にまかせ

流れのまま生きてみたい


太陽の照らす光の欠片も

雨の捧ぐ雫さえも

一粒残らず受けとめる


葉をなびかせ、葉を拡げ

いつの日も生きてゆく

止まることのない生命を

輝き続ける


生命を

そっと つないだ枝を通り

生命をいくつもつないでく

つないだ生命は光となり

空に向かって放たれる

光をつむいで生きてく生命が

私の心を揺らしてく


春の息吹が風に乗り

今日も光の下で

生きてゆく

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック