片想い礼賛
 <からだを許さない恋愛は、あるいはカタオモイは、愛されるにふさわしい人間になる努力をするんだよね。だから成長するし、美しくなる>という≪片想い礼賛≫をテーマに編集。投稿歓迎。
『 夏の雲まだ少年時の色にをる 』ドリーム楽土交心st1603

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ ドリーム楽土交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


夏の雲まだ少年時の色にをる




にほんブログ村 ポエムブログ





★ ドリーム楽土交心st1603

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

夏の雲まだ少年時の色にをる

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――






 花呼さん、おはようございます。


 連れ合いさん、命を惜しんで、禁煙できますように。



 仁は、黄ピース60本のヘビーでした。
 死にながらも黄ピー放さないよ、といっていたんですけれどね、
 60の時、血を吐きました。
 ちょうど、あと十年は生きたいなぁと思いはじめた時でしたので、
 きっぱり禁煙しました。


 「意志の人」だから吸い続けるといっていましたけれど、
 「意志の人」だから、きっぱり止めることもできるんです。



 仕事中意識が朦朧となる時がありましたけれど、あんな時、脳梗塞になるのでしょうね。
 仕事中、ひょっこりプッチン。
 あの世へ行けたらいいと思っていましたから・・・



 19才以降は生きもうけでしたから、いつ逝ってもよかったんです。でも、天は活かしてくれたんですね。今は、天に、やっと、感謝。
 あと、十年、お願いします、と変わりました。





 変わったから、すぐ逝くかもしれませんね。
 それは、もう、任天真、
 いつでもいいのですけれど、
 無茶はしなくなりました。



 生きもうけの楽しみ覚えましたから、
 一日、一日が、Happyです。





 命が、Happyなんですね。
 命がHappyだから、
 もう、煙草要らないんです。
 もう、夢も、要らないんです。
 もう、愛も、要らないんです。


 けれど、夢は楽しいですね。
 だから、夢を見ます。
 けれど、愛は温かいですね。
 だから、愛します。


 夢見もうけです。
 愛しもうけです。



 何にもなくても、
 命があれば、夢見ることできるんです。
 何にもなくても、
 命があれば、愛することができるんです。


 何にもなくても、
 命があれば、Happyです。



 極楽とんぼといわれますけれど、
 極楽とんぼで、楽しいですよ。



 人はそれぞれですけれど、
 変化できると楽しいですね。





 連れ合いさんにも、思いがけない変化が、訪れますように。


 とんぼ生まる食い千切る牙光りをる   仁


 命は生きる知恵に溢るゝ





 > 九年たったが、女房を喪った哀しみはぼくの人生でもっとも大きいもので、それは今も変わらないけれども、この数年、女房の死を含めて、日々のありようのすべてを肯うという気持ちが強くなってきたんです。それもまた、ありがたい。昭和五十七年の脳梗塞以来病気ばかりしてきた。大腸癌、脊椎間狭窄症、脳溢血。いま、左半身不随の一休障害者となってしまった。だが、俳句は休まなかった。かえって句ができるようになった。病気からも句を賜ったと、つくづく思っている。癌と聞かされたときも。ああそうですか、と。別に驚かなかった。

 死ぬ病得て安心や草の花

 と詠んだ。これで、女房のところに行ける。女房が越えた死線を、自分も越えられる、と。
 実際には、いまもこうして、生を賜っている。脳溢血の後遺症が残って、週三日はリハビリテーションのために、病院に通っています。いまある生を大事にする、そのことをきっちりと引き受けて生きる。そのことは、ぼくの姿勢なんです。あるがままを肯定するということは、なにも、なげやりに、なすすべなくくらすということではないんです。   森澄雄『俳句随想 俳句に学ぶ』p30



 今読めば素直に心に伝わってくるように感じます。
 あたりまえのことをあたりまえにいっているだけのことですがとてもしみじみ深く心に染み込んできます。
 さて、どう生きるか・・・。



 ぼくはまだ素直ではないのかもしれません。
 言葉あそびとして生きもうけの余命の楽しみにしています。それでも、愚直なぼくの心根には森澄雄さんのところまで深くなりたいとは念じているのです。
 大それたことでしょうけれど、その大それたことをまじめに真似しようと念じているんです。



 母が逝った時も父が逝った時も、その死を余りにも素直に受け容れて、母や父の死線に付き添っていなかったことを、今さらに、後悔します。
 生きているいま、どれだけ人の心に寄り添って生きているのでしょう・・・
 いまある生を大事に生きるということは、自分だけの生のことじゃないのでしょう。共に生きている人たちの生をも大事に生きるということだろうと念います。
 良寛さんにはそのことを学んできたはずなのに、・・・





 いまはたゞゴーヤにこゝろ奪わるゝ   仁


 乖離も深し心と命



 夏の雲まだ少年時の色にをる   仁


 うぶのときめく未知への旅路



 合歓の花老を生きゝる気をもらう   仁


 この老に添うこころのありや




dreamrakudost1605imahatadagoya1r.jpg








★ ドリーム楽土交心st1605

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

いまはたゞゴーヤにこゝろ奪わるゝ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ ドリーム楽土交心st1703『 老旬のあそび心や夏景色 』 へどうぞ!!! ★★★




★★★ めぐり逢い良寛さんzv2601『 夏の庭命浄土の絵巻物 』sv24 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 麦の秋今老旬の真っ直中 』ドリーム楽土交心zt0102st10
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ ドリーム楽土交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







麦の秋今老旬の真っ直中







 あるがまんまで、
 素直に、
 楽しく、

 心開いて、
 交心しましょう。


 心をキャッチして、
 表現しましょう。



 争わず、
 軽んぜず、

 
 学び合い、
 分かち合い、
 つながり合って、


 いっしょに、
 幸せを、
 共有していきましょう。





 まるで、小学生のような呼びかけですけれど、


 そうです、
 少女のように、夢を見ましょう。
 少年のように、遊びましょう。



 初心に戻り、
 一歩踏み出した世界を、
 575で、
 交心しましょう。





☆ そのまんま575で交心39201

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

麦の秋今老旬の真っ直中

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > 麦秋のまつ只中を八高線      花人



 面白い機関車のようですね。
 マニアがいっぱい。
 シニアのマニアははにかみやが多い、とふと思ってしまいました。



 麦の秋今老旬の真っ直中   仁


 明日知らずも今ここ歓喜





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ 都都逸で交心vk0605『 自遊変化のあなたの色は 空即是色恋弥勒 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

ドリーム楽土交心zt0101『 梅雨の世は想い出の実を生らせませ 』st10


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ ドリーム楽土交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




kosinku39601tuyunoyohaomoide1w.jpg







★ ドリーム楽土交心zt0101st10

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

梅雨の世は想い出の実を生らせませ

――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――






 花呼さん、たくさんの想い出をありがとうございます。


 花呼さんは、まだお若いから、「想い出」は、過去の出来事でしょうけれど、
 老境では、「想い出」は、老旬の門なんですよ。



 老旬の門をくぐると、
 心の世界が開かれて、
 「わたしの想い出」も、「あなたの想い出」も、出会い、共鳴し、
 重なり合い、共振し、
 今の時の、リアルな心の感動を創りだしてくれるんです。



 「想い出」を通して、
 「あなた」と「わたし」の「こころ」が出会い、重なり合い、共鳴し、共振し、
 「想い出」が、復活した「今」になっていくんです。



 「過去」も、「未来」も、
 ほんとうに、「今」の中に在ることを、
 体感できるようになるのが加齢の特権かもしれません。


 少欲知足の無為自然は、老境に花開くもののようですよ。



 だから、もっともっと、「想い出」を語りに出してくださいね。
 それを、575で交心して、
 「想い出」そのものも、もっと豊かな内容に成長していくんですよ。
 その時は見えなかった意味や本質や豊かさが、語り愛の中で、今だから、見えてくるということが起こるんです。



 小さな自我の拘りを捨てて、
 遊行の門をくぐると、
 楽しくて、Happyな、ワンダーランドが開かれていきますよ。



 そこは余命が歓喜に変わる豊かな開かれたドリーム楽土です。
 ドリーム楽土では、はじめての巡り逢いも、旧知の懐かしい再会のように、心が和み、ほっとする居心地のよさを味わうことができるんです。
 人は皆同胞。
 ドリーム楽土は友愛のこころで満たされた世界です。



 梅雨の世は想い出の実を生らせませ   仁


 触れてハグして命シンクロ





★★★ 『 今日の575で交心 09年06月01日 』 駆け抜ける裸足の少女風薫る への交心です。 ★★★






 梅雨の夜は心の糧をあそばんか   旅仁


 言葉が紡ぐ遊愛楽土



 念ずれば余命も花よ石清水   旅仁


 一休ならずも弥勒降臨





★ ドリーム楽土交心st1004

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

梅雨の夜は心の糧をあそばんか

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 恋弥勒575交心vm2808『 しぐるるや面目坊に恋あらめ 』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ TAO交心st0601『 朝露のぼくの命よ今日に在れ 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 無時空も異時空も翔べ月朧 』林住期道楽交心sx0702


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 林住期道楽交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 林住期道楽交心sx0702

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

無時空も異時空も翔べ月朧

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 覚醒の中に眺め
 パッションの趣くまま
 動ぜず
 幻視する
 魂のパイオニア



 もうおわかりでしょう
 あなたが泳ぎやすいように
 心象の旗
 翻しているのよ

 さぁ、思いっきり翔びなさい





 > かの声を
     聞けば落ち着く
       彩の越し
         朝のお散歩
           あの時間前   ゆりあん



           彩の越し
         月影添えて
       声の降る
     窓辺に寄れば
   妙なる心   旅仁





 無時空も異時空も翔べ月朧   旅仁


 心に拠れば自ずから愛





☆☆☆ 林呼さんの『 彩の越し 』 への交心です。 ★★★
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzz2501『 明日の身を忘れ今日の身雪遊び 』sy21  へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ つけ句あそび575交心sz0702『 憂き夜には心に雪よ降り積もれ 』 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

『 天寒しまことのあいは語られず 』めぐり逢い良寛さんsz2201
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ めぐり逢い良寛さん ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト575『 天寒しまことのあいは語られず 』sz2201






★ めぐり逢い良寛さんsz2201

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

天寒しまことのあいは語られず

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句ブログランキング

★ ありがとうございます。








 ≪ 仁さん、おはようございます。

 今日の新聞、良寛さまの歌。



 「月雪は いつはあれども ぬばたまの 今日の今宵に なほしかずけり」


 ぬばたまのは今宵の枕詞。月雪は常に美しいが、今宵の月と雪は格別である。
 「人を思へば山河遠く」に続く歌。
 虎班和尚の大蔵経請来の発願に尽くす維馨尼を思いやる歌。   。。。(全国良寛会)



 月はいつでも美しいね。雪も美しいよ。けれど、今日の、今宵の、この月は、特別に美しい。今までのどんな月よりも、今宵の月は美しいよ。



 このページを思い浮かべながら、新聞を読みました。
 昨夜は荒れたお天気でした。
 夜中に雷が鳴り響いていたので、月雪を見ることは出来ませんでした。   ≫   。。。 雪割草





★★★ 交心俳句258-01『 軒氷柱遙かな月を抱きけり 』 への交心です。 ★★★






★ 良寛短歌0008zz17sz22

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

月雪は いつはあれども ぬばたまの 今日の今宵に なほしかずけり

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 【 仁訳 】

 月はいつでも美しいね。
 雪も美しいよ。
 けれど、今日の、今宵の、この月は、特別に美しい。
 今までのどんな月よりも、今宵の月は美しいよ。



 これも維馨尼さんに宛てた手紙の文面ですから、



 維馨尼さん、独り寒さに耐えている月にあなたの姿が重なって見えるよ。
 そんなにつらい夜をもう耐えなくてもいい。
 体の方が大切だよ。
 自愛して下さいね。
 あなたはもう十分に働いたのだから、はやく越後に帰っておいでなさい。
 越後の月はこんなにも美しいよ。



 と読み込んでもいいのでしょう・・・
 良寛さんの維馨尼さんへの労りと切ない情炎が伝わってくる歌です。
 あるがまんまの良寛さんのまことの恋心を感じます。



吁嗟(ああ)吾(われ)何をか道(い)はむ 天寒し 自愛せよ   良寛



 なんという慈愛に満ちた手紙でしょう。
 そして良寛さんの維馨尼さんへの思慕の情炎が迸っています。





 天寒しまことのあいは語られず   旅仁


 まことみなぎる愛語のひかり






☆ ご協力お願いします。


散文 ブログランキングへ

☆ ありがとうございます。







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ めぐり逢い良寛さんzz1703『 月雪やただただ偲ぶ遠き人 』sz21 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

フォト575『 愛呼追って辿り着きたる蝉の穴 』zcs2901tp1201
★。・。・゜♪゜・。・。★ エンドレス・ラブあそび交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★










愛呼追って辿り着きたる蝉の穴



★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

俳句ブログランキング

★ ありがとうございます。








★ 愛呼飛翔zcs2901tp1201

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

愛呼追って辿り着きたる蝉の穴

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 

★★★ 愛呼飛翔tp1203『 万緑や命湧き出すままに在れ 』 へどうぞ!!! ★★★
 

 






★。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★



『 やけに満月冴えるじゃないの いのちシンクロ唯念ず 』エンドレス・ラブあそび交心tz1617

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ エンドレス・ラブ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★











★ エンドレス・ラブで交心tz1619

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

やけに満月冴えるじゃないの

いのちシンクロ唯念ず


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






☆☆☆ 愛呼さんの『 女の文字遊びー22 』 への尻取り都々逸交心です。 ★★★
 





 > やけに満月あんたにゃ何が
        見えたと云うの云ってみな~   愛呼



        見えたと云うの炎の女
   炎尽きれば空の月   仁



 炎の女が良寛さんに恋をした。
 ゆっくり燃焼してゆっくり燃え尽きる恋もあるんですね・・・
 枯木の良寛さんのいのちもゆっくり燃焼していたんです。



 > しろたへのころもでさむしあきのよの つきなかぞらにすみわたるかも   良寛



 貞心尼さんは初めて良寛さんにあった夜に思いの丈を語り尽くしたかったんでしょうね。夜も更けるのに一向に帰る様子もありません。さすがに全受容の良寛さんもたじろいでしまいます。
 お話しのつづきは明日にしましょうか・・・と良寛さんは遠慮がちに詠いかけますけれど、貞心尼さんの心はもう炎になっていたのでしょうね。


 > むかひゐて千よもやちよも見てしがな そらゆくつきのこととはずとも   貞心尼


 そうお返ししてとうとう夜を徹して語り明かしてしまうんですよ。
 ほんとうに炎の女というのはこんな女人のことをいうのだろうなと驚嘆しました。
 良寛さんのこともよく知らなかったのですけれど、その良寛さんにこんな恋人がいたというお話しをはじめて知ったのが『炎の女 貞心尼』だったんです。
 そして凡愚老仁もまた良寛さんに恋をしてしまったのでした・・・



 > あずさゆみはるになりなばくさのいほをとくでゝきませあひたきものを   良寛



 死を前にして良寛さんはもうまったく無心に貞心尼さんを恋しつづけるんですね。恋しつづけながら至福の坐死を迎えることができたんでしょうね・・・

 そんなことを想い出させてくれる今夜の満月でした。
 笑って、ご寛容くださいね。



   あんたにゃ何が欲しいと聞くも
        月は黙して語らざる   仁



        やけに満月冴えるじゃないの
   いのちシンクロ唯念ず   仁





 今さらに艶な話か琵琶の花   旅仁


 くるまる毛布あれば足るよな



 琵琶の花エンドレスなる愛秘むや   旅仁


 時機来れば実のたわわ成熟



 相待てば機の熟することも あるを念じて創る愛   旅仁





★ 妄恋575交心ty1301

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

今さらに艶な話か琵琶の花

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――













★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ 優游575交心ty1211『 野に出でてすみれ摘まんか空の手に 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心078-03『 真のありか外にはないよ 内なる真に恋せんか 』ty1113 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

[『 やけに満月冴えるじゃないの いのちシンクロ唯念ず 』エンドレス・ラブあそび交心tz1617]の続きを読む
尻173-03『 ここであえれば楽天楽土 命寛ぐ恋弥勒 』尻取り都々逸言葉遊び交心tx1103

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 尻取り都々逸言葉遊び交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 尻取り都々逸言葉遊び交心17303tx1103

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

ここであえれば楽天楽土

命寛ぐ恋弥勒


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





☆☆☆ 『 旅仁の  尻取り都々逸もどき言葉遊び 172 』 への尻取り都々逸言葉遊び交心です。 ★★★
 





 > ここであえれば 触れたもおなじ

        なまじほんとに あうよりか   泉呼172



        なまじほんとにあんたに触れりゃ

   見えるは肉の荒れ模様   旅仁 173-01





 この年の頃よりは、はや、やうやう声も調子にかかり、能も心付く頃なれば、次第次第に物数をも教ふべし。
 まづ、童形なれば、なにとしたるも幽玄なり。声も立つ頃なり。二つの便りあれば、悪き事は隠れ、よき事はいよいよ花めけり。   。。。世阿弥p42



 再び世阿弥さんに登場してもらいましょう。
 人生で一番美しい時期は少年期だといっていんです。
 能の世界のお話しですけれど、おもしろいですね。春の芽吹き時から初花になる頃です。何もしないでも、飾らなくても、命はあるがまんまで美しいというんです。匂うような命の輝きを「幽玄」というんです。
 鬼も十八番茶も出花、ですね。
 鬼女だって年の十七八は薫り高く美しいものなんだよ。まして少年の美しさは香り高く夢幻を誘うものなんだ。傍にいるだけでその息吹が伝わってきてこちらまで身も心も小躍りしてしまう・・・。
 世阿弥自身も十二歳の時父と猿楽に出演して、将軍義満に愛でられるようになるのです。
 稚児愛は幽玄の麻薬なのかもしれません。自分の中に失われた幽玄の美にたいする郷愁なのでしょうか・・・



 > さりながら、この花はまことの花にはあらず、ただ時分の花なり。   世阿弥



 まことの花は、自分で観つけだし、自分で創りだしていかなければならないのです。
 そして、一休さんの「本来の面目坊」を生きることが<まことの花>を生きることなんですね・・・。
 気がついた時が<初心>です。



 > ここであえれば 触れたもおなじ なまじほんとに あうよりか   泉呼172



 これは炭酸泉さんのまことの花を生きますよ、という<初心>表明の都々逸になりましたね。
 <まことの花を生きる>ということは、別の言い方をすれば、面目坊と恋をすることなんです。これはスローライフのみのライフワークではなく、若い人にとってもライフワークになるでしょう。



 > 我のみか釈迦も達磨も阿羅漢もこの君故に身をやつしけり   一休



 お釈迦さんも達磨さんも阿羅漢さんもみんなみんな本来の面目坊に恋をした人たちだったんだよと一休さんは笑って、空の花を咲かせました。空の花は笑っているんです。
 命は笑う喜びです。

 笑って、空の花を咲かせましょうね。





   触れたも同じ面目坊の

        命シンクロ愛光合   旅仁 173-02



        ここであえれば楽天楽土

   命寛ぐ恋弥勒   旅仁 173-03







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ つけ句あそび575交心tx1306『 春風や老いて郷土の愛おしき 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心178-03『ふみをかわせば心が変わる 私が消えて空の花  』tx1203 へどうぞ!!! ★★★
 




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 尼の会釈にもの皆歓喜 星も瞬き天下る 』尻取り都々逸言葉遊び交心057-01ty0704

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 尻取り都々逸言葉遊び交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 尻取り都々逸言葉遊び交心ty0704

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

尼の会釈にもの皆歓喜 星も瞬き天下る

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






☆☆☆ 『 旅仁の  尻取り都々逸もどき言葉遊び 055 』 への尻取り都々逸言葉遊び交心です。 ★★★
 





 > 愛の木霊 竹林に在り

        尼の会釈に 蒼みゆく   凉呼 055



        尼の会釈にもの皆歓喜

   星も瞬き天下る   旅仁   057-01





 愛の木霊が鳴り響く竹林・・・
 素敵な舞台設定ですね。
 星も降りそそいでいるのでしょうね・・・

 そこへ尼さんが通りかかる。
 木霊さんの歓喜の歓迎に、微笑して会釈する尼さん・・





 > 愛の木霊 竹林に在り 尼の会釈に 蒼みゆく   凉呼 055



 愛の木霊が鳴り響く竹林・・・
 素敵な舞台設定ですね。
 星も降りそそいでいるのでしょうね・・・

 そこへ尼さんが通りかかる。
 木霊さんの歓喜の歓迎に、微笑して会釈する尼さん・・



        竹林に在り星のシンフォニー

   自ずと尼も舞い初むる   旅仁 058-01





 > 愛の木霊 竹林に在り 尼の会釈に 蒼みゆく   凉呼 055



 愛の木霊とは何なのでしょうね・・・
 会釈する尼さんは何ものでしょう・・・

 愛の木霊と尼のシンクロした瞬間でしょうけれど、この愛の交心はまるで拈華微笑の絵姿のようにも感じられます。
 ヨーロッパ風に読み取れば、受胎告知の瞬間なのかもしれません。



 この瞬間から、この言葉あそびは、大きな宇宙の愛の物語に大転換するのでしょうか・・・
 エンドレス・ラブ。
 愛の最終ステージです。





        愛の木霊の調べ静に

   囁き交わす森の精   旅仁 059-01





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 妄恋575交心tz1202『 淡雪や命流転の愛おしさ 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心tz0113『 異時空の旅瞬間移動 念ずりゃ現ず恋弥勒 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 焦がれるこころ焦がれるままに あなた任せに身を投げる 』尻取り都々逸言葉遊び交心vk2311
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 妄恋575交心 尻取り都々逸言葉遊び交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




フォト都々逸『 焦がれるこころ焦がれるままに あなた任せに身を投げる   仁 』





★ 尻取り都々逸言葉遊び交心vk2311

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

焦がれるこころ焦がれるままに

あなた任せに身を投げる


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






☆☆☆ 『 青柳仁さん  都々逸もどき尻取り遊び 』 への尻取り都々逸交心です。 ★★★
 





 > 焦がれるこころ しちじゅうごにち
        飛んで果てある 籠の鳥   泉呼 46


        飛んで果てある夢などないさ
   飛べば念誦で羽変わる   仁



 籠の鳥なら一層自遊に想像世界を遊べますよ。
 籠の鳥に徹する覚悟を持てればいいのですけれどね・・・
 若いとやっぱりこの世でリアルに熱くなりたいと執着するものです。

 その執着が我心。
 煩悩の大本なんです。


 捨てよ、執着!
 いざ、什麼。

 笑って、ご寛容くださいね。



   しちじゅうごにちで喪も晴れるなら
        我執なんぞは即棄てる   仁


        焦がれるこころ焦がれるままに
   あなた任せに身を投げる   仁





 > きみにかく あいみることの うれしさも まださめやらぬ 夢かとぞおもう   貞心尼
 > ゆめの世に かつまどろみて 夢をまた かたるも夢も それがまにまに   良寛



 良寛さんと貞心尼さんの相聞歌です。
 真似良寛言葉遊びのはじまりでしたし、道標にもしたものです。

 さて、良寛さんと貞心尼さんは初めて巡り逢った夜に、一夜語り明かすんです。
 心が響き合えばこんなこともミラクルではなく普通のこととして起こるのでしょうね。
 それも居候している僧の良寛さんと尼の貞心さんの夜を徹した語り愛です。
 やっぱり凄いことなんですよね。



 空すれば世間も消える暮の夢   仁


 水と風との音の清けし



 空なる心には月もさやけく、こころも月と和合するのだそうです。
 月と和合するこころとこころも和合するのでしょうね。
 良寛さんと貞心尼さんの至福の愛のはじまりです。







フォト都々逸『 焦がれるこころ焦がれるままに あなた任せに身を投げる   仁 』



★ 妄恋575交心vk2312

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

空すれば世間も消える暮の夢

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――





★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

ブログ村 俳句

★ ありがとうございます。






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 妄恋575交心vm0608『 相知れば小春日のごと身も和む 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ スローライフ575交心vm2105『 小春日や平穏妙味無事至福 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★★★ 都都逸で交心vm2506『 山は色づきほとめく谷に 露も潤う夢褥 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★